Female Fashion

サイズの合ったブラジャーを見つけよう|試着のチェック項目を紹介

下着のフィッティング

胸にコンプレックス

ウーマン

皆さんはブラジャーをどこで購入していますか。
胸の形や大きさ、お肉の付き方、弾力など人それぞれです。
胸の小さい人には小さい人の悩みがあり、大きい人には大きい人の悩みがあります。
胸の大きな人はどうしても太って見えてしまうので、できるだけ胸を小さく見せたいと思っている女性は多いのではないでしょうか。
では、胸の大きな女性ができるだけ胸を小さく見せるにはどんなブラジャーをどこで選ぶのが良いのでしょうか。
インターネットで購入するときは試着ができるわけではありませんので、メーカーによるカップの浅い・深い、アンダーの緩いきつい、パッドの厚さボリュームなど、ショップに書いてある詳細や画像、レビューで判断するしかありませんので慎重に決める必要があります。
慎重に選んでも、届いてつけてみるとカップが合わず胸のお肉がカップの縁に乗って段ができてしまった、長時間着けていると肩こりがする、肩ひもがずれる、そして予想以上にブラジャーの寄せて上げる効果が良すぎて余計に胸が大きく見えてガッカリなど失敗することも多いのです。
胸にコンプレックスのある女性は特に、店舗でフィッティングしてからの購入をお勧めします。
ブラジャーの基本的なつけ方から丁寧に教えていただけます。
例えば、スポーツなどで利き腕側の胸が大きい場合、どちらの胸にカップを合わせて良いのか分からない、なで肩で肩ひもがずれてしまう、できるだけ厚みのないパッドで胸を小さく見せたいなどの相談にも乗っていただけます。
カップが合わなければ1カップ上、下をすぐに用意してくださいますし、できるだけパッドに厚みのないものをとお願いすれば2〜3種類のブラジャーから選べるようにしてくださいますので胸にピッタリのブラジャーを購入することができます。

美乳はブラで決まる

胸

女性の下着は服と同じくらい大切です。
特にブラジャーは女性の体型を維持する為に大切な役割を果たしています。
今回は女性のブラジャーとカップについて紹介していきます。
まずブラジャーには大きく分けてAからFまでのサイズがあります。
たまに特注サイズもありますが日本人の平均的サイズはCとDです。
ブラジャーは乳の重さを抑えながら肩と体の負担を減らす役割を果たしています。
カップは乳首や乳を外部から守るためにあります。
衝撃を抑える為にもカップは大切です。
赤ちゃんを産む可能性がある女性の体は男性よりも繊細です。
また時には乳の重さが原因で体調不良になる事もある為サイズ選びは重要です。
ブラジャーを選ぶ時はアンダーサイズをきちんとメジャーで計り、トップと合ったカップサイズを選びましょう。
もしつけ心地が悪い場合は何個も試着する事が大切です。
夏、冬など季節によって素材も変えた方が良いでしょう。
蒸れてかぶれてしまう事もある為、コットンなど肌に優しい素材を選択しましょう。
ネット販売で購入するのも良いですが、出来れば店舗に出向いて試着をする事をおすすめします。
最近では安いものでもクオリティーが高いブラジャーが沢山ありますが、長く使う為には数千円のものを3つか4つほど持ち、洗い替えが出来るようにしておくと良いでしょう。
洗濯する際は出来るだけネットに入れて、痛まないように洗うようにしましょう。
快適ブラで動きやすい体はストレス軽減になります。

サイズを計測しよう

婦人

ブラジャーは通販で購入する人が増えてきています。
下着専門店を訪れることに抵抗があったり、その辺のお店ではピッタリのサイズが見つからなかったりする時に便利だからです。
ただし、カップの見方を間違えないようにしましょう。
実はブラジャーのカップサイズなどは、海外と日本とでは違うのです。
特に通販では海外ブランドのものを取り入れていることがあります。
そうすると、計測が違ってくるため注文をする時に気をつけましょう。
通常、サイズの見方は通販サイトやカタログの最後の方に載っているものです。
そちらをしっかり確認してから、ピッタリのものを注文しましょう。
また、計測してから注文をした方がいいかもしれません。
下着専門店では計測してくれることがあります。
ブラジャーのカップは日本製の場合、日本人向けに作られていることが多いので、そちらを購入した方が無難です。
しかし、海外ブランドの中にはデザイン性が優れているものもあります。
どうしても、海外製のブラジャーが欲しいという人は、カップの見方を調べておきましょう。
こちらは全体的に外国人向けに作られています。
そのため、ワイヤーが入っていないものも多くなっています。
それから、日本人の場合、アンダーとトップの差を計測することがよくあります。
サイズ表示にもこの点が載っているので、計測する際は、アンダーとトップもきちんと計測しておきましょう。
これによってカップのサイズも変わってくるからです。