カップが浮かないか調べる

ストラップが落ちないこと

胸部測定

統計によると71%の女性が、間違ったサイズのブラジャーを着用しているそうです。
しかも、本来の自分のサイズよりも小さめを着用しており、胸を美しく見せるためのブラジャーの役割を台無しにしています。
正しいサイズのブラジャーを着用しているかどうかは、5つのポイントで判断できるのでチェックしてみましょう。
1つ目は、体を左右にひねった時カップが浮くかどうかです。
浮いた場合は、ワンサイズ小さいカップに補正します。
2つ目は、両腕を振った時、脇から肉がはみ出しているかどうかです。
はみ出している場合は、ワンサイズ大きいカップに補正します。
3つ目は、両腕を上げた時、アンダーがずり上がるかどうかです。
ずり上がった場合はアンダーの大きさをワンサイズ小さくしましょう。
4つ目は、両肩を回して、ストラップが落ちるかどうかです。
落ちた場合は、ストラップが長すぎるので、短めにアジャストします。
5つ目は前かがみになった時、ブラジャーの後ろがずり上がるかどうかです。
ずり上がった時はアンダーのサイズが大きいので、小さなサイズに変えましょう。
また、自分にぴったりのブラジャーを購入するには、きちんと採寸することも大切になります。
アンダーバストは胸のふくらみのすぐ下の部分、トップバストは胸のふくらみの一番高い部分を測ります。
アンダーはきつめ、アンダーはゆるめに測るのがコツです。
このようなことに気をつけ、正しいブラジャーを選びましょう。

微妙な違いでフィットする

胸部測定

ブラジャー選びほど難しいものはありません。
なぜなら、胸はとても柔らかい部位なので、人により形が千差万別だからです。
計測上、同じカップの人がいたとしても、それぞれの胸の形状や質量が違うのでフィット感が全然ちがうのです。
ブラジャーのカップが合わないと悩んでいる人は、どうやって解決すればよいのか。
自分の胸を計測したとき、本来の形式にピッタリ当てはめたサイズのブラジャーが合わないことは多々あります。
多くの方が、ご自分のブラジャーのサイズを勘違いしているという統計も出ているぐらいです。
実は、表記されているカップやアンダーの長さが違っても、同じサイズの型のブラジャーが存在しています。
それが代替サイズのブラジャーです。
ブラジャーはその構造上、サイズが同じでもアンダーの長さを替えただけでカップの面積や奥行き、ワイヤーの幅が変わってしまいます。
たとえば、下側部分がきついからといってカップサイズをそのままにアンダーの長さを替えると、ブカブカになるケースがあります。
この場合の代替サイズは、カップを小さくしてアンダーを大きくしたものが宛がわれます。
反対に、アンダーが緩くてカップが丁度いい場合は、アンダーを小さくしてカップを大きくした代替サイズがフィットします。
このようにブラジャーを選ぶ際は代替サイズを活用して、微妙な付け心地を調整していきます。
試着をしながらフィット感を綿密に確かめ、数字にとらわれずにカップの形や大きさで、ブラジャーの型を選ぶことが必要となってきます。
どうしてもブラジャーが合わない場合は、思い切って代替サイズへ変更することが必須となります。

キレイなバストを保つため

胸を測る人

毎日つけるブラジャーは、サイズ選びが大切なポイントです。
しかし、いったいどのようにサイズを選べばよいかわからないという人も多いでしょう。
通常ブラジャーのサイズはカップサイズとアンダーバストサイズで表示されています。
カップのサイズはアンダーバストとトップバストの差で決まります。
お店に行くとサイズごとにブラジャーが並んでいるので選びやすいと思います。
大きさが気になるバストですが、ブラジャーはバンドの部分でバストを支えるのでアンダーバストが重要です。
アンダーはホックで調整することができるので、正しく測りましょう。
自分でサイズを測るのが心配なときは、思いきって店員さんに相談してみるのもオススメです。
バストのお肉は背中のほうに流れやすいという特徴があるのですが、そのことを知っている店員さんは正しいブラジャーを見つけてくれます。
また、いくらサイズを測ってもひとりひとり体型や体つきが異なります。
ブラジャーをすると身体に下着の跡が残ってしまうかたや、肩紐がズレやすいといったお悩みをかかえている方は相談してみるのも良いでしょう。
自分の体にあったブラジャーをすることで、バストのカタチも整ってきます。
体型は時間とともに変わることもあるので、何年も同じサイズのブラジャーを着ているかたはバストをもう一度測りなおしてみてください。
なお、型崩れを防ぐためにも、ブラジャーは手洗いが基本です。
ランジェリー用の洗剤を使うなどして大切にお手入れすることで長持ちさせられます。